骨盤を立てるためには?

椅子に座ったとき、左右の坐骨を座面に当てます。

左右のお尻を交互に上げたり下げたりしすると、当たる、とがった骨が坐骨です。もし、坐骨が感じられないとしたら、お尻の位置を高くする必要があります。股関節よりも膝が下の位置になるように、お尻を高くすると、坐骨が感じ易く、骨盤を立てやすくなります。

両方の坐骨を感じて、どちらの坐骨が座面に近くって、どちらが浮いている感じがするでしょうか?

どちらかの坐骨が浮いていた場合、フェイスタオルを使って浮いている部分を埋めるように厚みを作り、浮いている坐骨の下に置きます。二つ折りぐらいが丁度いいかもしれません。

そうすると、左右の坐骨が同じライン上にあるように脳が錯覚を起こし、15~20分後にお尻の下のタオルを外すと、タオルを外しても左右の坐骨が同じライン上にあるようになります。是非、試してみて下さい。

次回は、骨盤のエクササイズについてお伝えします。

みどり市、桐生市、太田市地区で整体をお探しならあかり接骨院へ! 腰痛、肩こり、交通事故でお困りの方が多数来院されています。 TEL 0277-70-8310

あかり接骨院ホームページ

フェルデンクライスRebornあかり